Efforts never get you down...

ランとmusicと色々ぶろぐ

信越五岳トレイルランニングレース110k 2019 攻めまくった前半戦

信越五岳トレイルランニングレース110kに参加

 

 

長野の五岳  (斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯綱)を走り倒します!

f:id:AAA316jp:20190919171408j:image
f:id:AAA316jp:20190919171403j:image

 

日本でも1、2を争うほどの人気の大会!そーゆーのに弱いですね。パタゴニアだし。

 


なんとかクリック合戦を制したので行ってきました。

 


この大会に出ようと思った時、友人が

この大会は走れるし、向いてると思う。出るならペーサーをやってあげる。

 


え?ペーサー?そんなのつけた方がいいの?

 


ペーサー制度って聞いたことないしよくわからなかった。フルマラソンでもペーサー付いてもらったことないし、基本抑えるの苦手だから走りたいように前半からプッシュするタイプ。

まあでもトレイルレースはど素人。夜のパートを付いてくれるということは心強い。

 


レースは日曜日の朝5:30スタートなので土曜日に長野の斑尾へ到着!

f:id:AAA316jp:20190919134447j:image
f:id:AAA316jp:20190919134444j:image


昨年は天気があまり良くなかったみたいだけど今年は快晴!

受付するために必携品を揃えてザックを背負って行ったら

 


『110kの方は装備品チェックないですよ。』

 


って。自己責任なんですね!

わざわざ急いでシームレスのレイン買ったのに見せなくてよかった、、、

 


ホテルは主催者が割り振ってくれるのですが、斑尾高原ホテル希望だったのに当たらず、小さなペンションになりました。

 


会場ではブリーフィングがパンフレットに記載の時間の30分前から行われていて、最終通知に変更時間あったの知らなかったから最後の5分しか聞けなかった。

今年は1つ山を登ってもらいます!って。110kじゃなく、113k...しかも山越え。そして制限時間変わらず...

(結果、完走率は驚愕の50%ちょい)

その前に話した情報は全く分からず前夜祭へ。


f:id:AAA316jp:20190919134545j:image

f:id:AAA316jp:20190919134540j:image

パスタとか焼きそばなんかを食べ、何名か知り合いとお話しして、100mileスタートの応援へ行きました。

夕方のスタートって絵になりますね。

ネムネムさんに喝を入れ参加している知り合いにも頑張ってと応援!

f:id:AAA316jp:20190919134613j:image

 

 

私達は朝のスタートです。

宿に戻り早めに就寝💤

 


朝の会場
です。朝ごはんはおにぎり、菓子パン、サンドイッチ、スープ1つずつです。

写真途中で気付いたので食べかけですみませんがこんな感じ!

f:id:AAA316jp:20190919134635j:image

おにぎりは真っ先に食べちゃった笑


結構お腹いっぱいになってそろそろ〜と思ってたらスタートが何かのトラブルで30分遅れの6:00スタートへ。

 


そしてスタートです。

f:id:AAA316jp:20190919134700j:image

ペーサーに笹ヶ峰(65k地点)で会おう!と別れを告げスタートしました!

 


長距離を練習したのは2週間前の雲取山ぼっち練35kのみ!!

 


スタート→バンフ

スタートからゲレンデを登りそこからトレイルに入ります。

 


途中石川弘樹さんが途中にいらっしゃって

『ここでは汗をかかないペースでね!』

 


っておっしゃってたんですけど、すでに日差しも強くてちょっと走っただけで汗が吹き出る暑さ。

いや無理でしょ

 


と思いながら先へと走る!フラミンゴTを着た女性が私がちょっと休憩!って止まるとずっと私の後を付けてきたらしく、止まる。

『すごい良いペースで走ってるので付いてきました!』

 


で、また走るとずっと付いてくるんですけど、下りで

わ!速すぎて付いていけない!!

 


と言い残しいなくなってしまいました。

 

f:id:AAA316jp:20190919134808j:image

途中の野尻湖!綺麗すぎて止まりました。


最初の菅川17kのの水エイドを越え、そこから斑尾山へ。

登りはやはり抜かされます。

Lisa渋滞ができる。

気にせずマイペースで登ります笑

そして急な下りを降り22kのエイドバンフへ。

 


お水がほぼ空っぽだったので、水とスーパーアミノダイレクトのフラスクを作り果物と食べすぐに出発!

 

 


バンフ22k→熊坂39k

袴岳という山を登るものの、下り基調で走りやすい。

 


バンフから熊坂までは順調に到着!

 


熊坂ではお水とスポドリを注がせてもらいクリームパンを食べ、また急いでスタート!

 


熊坂39k→黒姫52k

熊坂からは原っぱみたいな日陰のない草原を走ります。

日差しが強い🌞ものすごく暑い☀️

 


暑さは得意なので関係なく進む。徐々に登りになってくる。ここは我慢。おんたけの林道地獄を走ったんだし、私ならできる!

 

身体を前景にして頭の中でリズムが良いedmの音楽を流そうと思ったけど、なかなか曲が思い出せなくて思い出すのは小学生の時に好きだったエドワードファーロングって外国人の歌W

なんでこんなの思い出すんだろう🙄

 


新しい歌を作りました。

前傾で足が勝手に進む走り方をすると楽に登れるので、

 


足が♪♪(2拍)前に♪♪(2拍)出ちゃうよ🎶

 


なんてことない歌ですが、歌ってとっても必要です笑笑。

何百回も歌いました。

 

 

 

黒姫到着!

ここで笹すしがありましたので笹すしを2個食べフラスクを満タンにし出発!

 

黒姫52k→笹ヶ峰65k
黒姫エイドは100mileの方のペーサー合流地点で、ここからはペアで走ってる人が多くなります。ペアルックで走ってるのはとても良いですね!

オソロ可愛いーー😍

とか話しかけながらマイルの人のスピードに飲み込まれないように抜き去ります。マイルの方はここでもう110kも走ってきている。

 


そしてここからもかなりの登り。林道をこれでもかってくらい登る。

地図携帯してなかったし、スマホを出すのも面倒で確認しなかったけど、標高1300になってもまだまだ登り続ける、一体いつまで続くの(  >_<)

 


すれ違いのランナーさんにも

 


これ何メートルまで行くんですかね??はあはあ。

 


ほんと、もー飽きたよーー長いですよね〜はあはあ

 

 

 

結局話しかけたけど分からず。分かったことはみんな辛いってこと。

 


また歌を歌いながら、走る→歩く、おんたけリプレイをやり続ける。

 

おんたけ走った効果出ましたね。あの時できたからここでもできる!

 


ちょうど110kの半分、55kになったのでガーミンを確認すると13:30  7時間半が経過していた。

 


この倍にすると単純計算で15時間か、、後半落ちるとしてどのくらいで行けるのか全く予想できなかったけど、なかなか良いペースじゃない!

 


まもなく笹ヶ峰のペーサー合流地点へ到着です!!

 


黒姫エイドで黒姫アウトのラインをしていたので、だいたいのペースは分かっていそう。

 


すぐ見つけられるのかな??

ここからペーサー様に大変な事実を告げられます。

 


つづく、、、