Efforts never get you down...

ランとmusicと色々ぶろぐ

ハセツネ 2018 努力は無駄にならなかった!

ハセツネ山岳耐久レース。

なんとか15時間半で完走しました!!

 

思い出が頭から消える前にレポ!

 

ハセツネ30kをなんとなくロードが多いからってだけで走り、ハセツネ本線へのエントリー権を獲得し、本線へ出ることを決意してから、私の練習はまるでガラッと変わった。今年の夏は休みがあれば常に山へ練習しに行っていた。

10回以上は行ってると思う。

 

そしてそして、とうとう当日。

 

フラスコの飲み方も山の走り方もまるでわかっていなかった私に70k、ほぼナイトランのレースが訪れた。

当日の天気は31度、お水、食料は全部背負って行かないといけないので、水3リットル、オニギリ4個、ジェル沢山笑。

f:id:AAA316jp:20181013235115j:image

 

f:id:AAA316jp:20181016090658j:image

ウエアはELDORESOとMMAのコラボの上下。花柄が揃ってて上がる⤴️

インナーはすごく悩みましたが、暑くて汗かきすぎると体力消耗しそうなので、着ないで持って行きましが、結局全く寒さを感じず着ることはなかった。

 

ザックは7リットルのNORTHFACE TR 6

 

シューズも悩みに悩んで inov-8 TRAILTLON 235  

幅広、甲高の足にはこれをオススメしたい!

 


f:id:AAA316jp:20181013235200j:image

f:id:AAA316jp:20181013235204j:image

会場に着くと本当に暑い💦

体育館のブースでテーピングを貼ってもらったり、有名な選手と写真を撮ってもらったりしながら、着替えて準備をしました。

開会式が始まりましたが炎天下ですでに汗が吹き出てくる。

f:id:AAA316jp:20181013235325j:image

私は11時間ゴール目標のところで素知らぬ顔で待機。

そしてスタート!

 

40kのナイトランの練習をした時に自分の実力不足を感じて、ハセツネの目標は24時間以内に完走って思っていたけど、練習するうちに欲が出てきて少しでも早くゴールしたいという気持ちに変わっていました。

 

今回は1人でほぼナイトトレイルになるこの大会に出場するのが怖くってサポートでついてくれるお友達と一緒でした。

過去ハセツネサブ10をやってのけたこの方と完走を目指します。

心強いけどでも私のサポートだけになってしまい、 申し訳なかった。。(当初は3人で走る予定だった)

 

サポーターはスタートする前に、レースプランを考えてくれていました。

 

■基本方針

レースは3つのセクションに分けて考える。

①スタート~浅間峠(22km)

②浅間峠~月夜見駐車場(42km地点:給水地点)

③月夜見駐車場~ゴール

 

 

まずはスタートからのロードは5分ちょっとでいくといくこと。

3リットルの飲み物と食料を持ちながら登りをゼーハーしながら走りました。

 

第①の浅間峠までの区間は山の中もすごい渋滞していて、逆に頑張って走ることができない。

f:id:AAA316jp:20181016085813j:image

そして、渋滞でも走れるところはなるべく走ります。

この①の区間で日が沈みだし、夕陽を見ることができました。

f:id:AAA316jp:20181013235746j:image

ハセツネエントリーした時は夕陽、夜景、朝日が見たいなーーと思っていました。24時間以内完走ですからね^^;

 

夕陽...綺麗だったけど、これからナイトランが始まるよ!って合図のよう。

 

 

第1関門の浅間峠へ着いた頃はもう夜。

ここで22k,まだまだ全然体力があります。

でも、話に聞いていた通り脇道でゴロゴロしてる人多数。

なんで?まだ22kですけど??

 

 

ベンチに座っている友人を見つけたので、

 

どしたのーー??私まだまだ元気よ!!

 

って声をかけたら、大分疲れ果てていて、

Lisaちゃんやはりすげーなーー。

 

って。褒められたのでまた一気にテンションが上がり、第1関門でもさっと移動。

サポーターも、浅間峠へ着く前に

『ここではライト装着とお手洗い、あとはお水の残り具合を確認しよう』

 

そう言われたので、トイレを済ませ、急いでライトを装着。お水もまだ全然残っていたのを確認して休憩なしで出発しました。

 

ここまでで、約4時間半。

ここら辺からはお腹も空いてきて、オニギリを取り出し、少しずつ食べてはポケットにしまう、を繰り返しながら1番過酷な三頭山まで。

三頭山までは本当に長かった(  >_<)

 

『三頭山まで登っちゃえばあとはもう大したことないから頑張ろう』

 

その言葉を信じて登る。登りの脇道でもこっそり寝ている人とか、ハァハァしながら脇で休んでる人もいて、暗闇だから発見すると、なんだか妙に面白かった。

 

あ!ここにも!ここにもいる!

(*つ▽`)っ)))アハハハ☆みたいな。

 

ふと後ろを見るとLisa渋滞ができているww

でも、私の前にサポーターの男性がいるからか、抜かそうとはしてこない。見た目はサポーターの男性が渋滞を作ってるように見えるからかな。笑

でも下りになってサポーターがかっ飛ばすとオレもオレもと後ろからガンガン抜かされていきました(^^;)

でも気にせず走っていると、また登りで集団に追いつくのでそんなに回りから遅れをとっている感じではなさそう!

 

夜になると風がすごく冷たくなったけど、ゼーハーしてる私には風が心地よい☆(サポーターは遅すぎて寒くなったようでウインドブレーカーを羽織りましたが...(´・ω・`;))

走れそうな林道を真っ暗闇にライトを点灯させて走るのは楽しくてたまらなかった!

 

『きもちーーー!!!!イエーーー!!

興奮して雄叫びをあげた。夜行性ではないけど、基本夜は好きなので、やはりワクワク感がたまらない♩

 

サポーターはあともう少しでどこどこだよ!

とか、あと何メートル登るだけだよ!とか教えながら先頭を走っているので、いつしか、後ろの方まで

えー、、あと少ししたらわかりにくい場所でしたよね?とか、みんなのサポーターになっていた。

 

あともう少し詐欺だーーとか言いながら月夜見の駐車場に到着!!

ここで42k   私が持って行ったお水3リットルはまだ500の麦茶が残っていたので全然足りました!

月夜見の駐車場ではブルーシートが引いて休憩場所になっていたけど、腰を下ろすと完全に身体も冷え切りそうなくらい冷えてる。

 

ここでは1.5リットルの水かポカリがもらえるので、500ポカリその場で飲む。

500ポカリフラスコに入れる。

残りの500は水。ハイドレに入れて薄い麦茶にする。

そしてまた休憩を取らずすぐスタート!

残りはあと20kです!

終わりが近づいてきました!

後半へつづく...