読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Efforts never get you down...

ランとmusicと色々ぶろぐ

第2回さいたま国際、チャレンジャーの部行ってきました。②

そして、スタート!

f:id:AAA316jp:20161115061551j:image

チャレンジャーだと本当に前からスタートするし走りやすいですね〜〜。

女性だけなのでぶつかる心配もほとんどないし、快適に走り出しました。

みんなサブ3.5以上のランナーなので、ほぼ同じくらいの速度で。

 

 昨年の第1回さいたま国際はサブ4のみのエントリー。私は1度もまだフルマラソン走ったことなくて、サブ4に怯え、エントリーできなかったこの大会。

 

そして、大会にはブドウエイドをしてランナーを応援したり、はてなランナーさん達にエールを送ったりしてたのを思い出しました。

あれから一年でまさか自分がこんなチャレンジャーの部にいるなんて、自分の成長に気持ちがついていけず、フワフワした気持ちでした。

 

私はさいたま国際マラソンの試走もせず、どんなルートを通るかもチェックせず、ただ坂には気をつけろとしか聞いていない状態だったので、とにかく行くしかないと最初からスピードを上げて。

最初の10kmは約4分35秒ペース!

 

10kmほど走りだすとだいぶばらけてきまして、もう一緒に走ってるのは1人、2人とかになるんです。

 

走りやすいのか、走りにくいのか、、やはり少し競争意識があった方が燃えそうですよねー。

 

で、やっぱり最初からアップダウンがひどかった〜。陸橋越えやら、ゆるいアップダウンやらもう、平坦な道ないんじゃないっ?てくらいアップダウンばっかり。

下しか見ないで走るくせがあるので、チラッと上見ると

 

坂登ってるじゃん!!

いかんいかん!!前傾だよ!

 

みたいな。忙しいんですよ。

少しも落ち着いて走れない。

 

20km地点へたどり着いた頃にはもうかなり右太ももの後ろが引きつりそうになりまして、、

急いで炎熱サプリを1つ食べました。

右足が攣るんじゃないか、不安で不安で、給水は常にポカリ。

でも20kmまではなんとか4分30〜40ペース、

30kmからは4分40〜50ペース。

 

もう30kmからは足が本当に上がらなくて、何度もくる登り坂に、

もう、これで最後にして!もう坂!来ないで!!とお願いしてもやっぱり

また登り、、( ´д`ll)

 

下りがほとんどなかったように感じました。 MAG ONのジェルを取り出しちょっとずつ飲みながら足の攣りを恐れながらそれでも前へ進みます。

 

この大会の2〜3日前からいきなり体調が実は復活してたんですよ!お腹の張りが一気に引いてまして、もう心の中はいつでもスタンバイOK

早く走らせろガルゥ〜〜〜!獣みたいな闘争心がありまして、、

それを思い出しながら萎える気持ちを盛り上げ30kmからもなんとか集中できて走りました。

私は60kmを3位で戻ってきた女。こんなんで潰れるわけがない!!自分に言いに聞かせます。

 

 

35km地点。やっとあと7km。ここでもうフラフラ。しかも過呼吸みたいな状態にいきなりなりました。いつもはこれ、ゴール寸前の興奮状態の時来るんですけど、もういっぱいいっぱいだったんですね。息を吸っても吸っても入ってこなくて発作になりそうな状態。

急いでshotzカプチーノをポケットからとりだし、少しずつ飲みながら。もうお守り状態です。

 

 

30kmあたりからはサブ3の男性ランナーが勢いよく抜かしていくんですけど、

疲れすぎてフォームを見てキラキラする予定がそんなの考えられず、

なんであんなに元気なん??と逆にゲンナリしてきました。

 

やっと最後の3kmくらいに。ここからはほぼ平坦に!!

ここくらいじゃなかったかな。平坦なの。

もーゴールまではあと少し!!

 

そしてここで脇にあるタイム表示を見て愕然としました、(((( ;゚Д゚)))

 

つづく、、(長すぎるのでまた次回へ)