読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Efforts never get you down...

ランとmusicと色々ぶろぐ

板橋シティマラソン レースレポ2 そこは戦場だった。

entry race 板橋シティマラソン music

つづきです。

f:id:AAA316jp:20160322133654j:image 結果速報

 

aaa316jp.hatenablog.com

 

前回のブログ

aaa316jp.hatenablog.com

 

 

 

21kmすぎ

風がものすごく強い。

だんだんと走っても走ってもタイムがすごく遅くなってるんじゃないかという恐怖にかられ何度も何度もガーミンでタイムを確認しました。

 

今回のレースの記事を書いた時に、はてなうさぽんちゃん

Lisaさん、悔いのない走りをしてください!

 

と言ってくれた言葉がずっと頭から離れなくて。

その言葉ばかり考えて走っていました。

悔いのないレース、悔いのないレース、今シーズンラスト!悔いのないレースをするんだ!!

辛くなるとその言葉をずっと思い浮かべ走りました。

 

うさぽんちゃん、ありがとう!!

 

30km通過。

ここまでで4分台で走れていたんです。でももう風はすごいしバッテバテ。

もうあれを飲むしかない。

MEITAN登場です。カフェイン200mgも入ってるやつ。 

 

飲んでみたら

 

ん?何これ。非常にまずい。。。うわっ!きつい!。

SHOTZ カプチーノ味にしておけば良かったと後悔。。。

まずいから流し込みました。

ギンギンギラギラになる予定だったのに、まずさでゲンナリしてしまい、効果があったかなかったか、もはや分かりません。

良薬口に苦しといえどもレース中は少しでも気が紛れるよう美味しい物にしよう、

 

MEITANこれからは持ちません。

 

 

一番テンションの上がる最近良く聞く曲、


Axwell - Barricade (Official Audio Radio Edit) [Out Now]

 

これを聞き始めたのですが、もう耳に入って来ない。いつもならガンガン行けるのに聞こえてこなかった。相当疲れてましたね。

 

太陽がギラギラしてきて直射日光が当たるような日差し。しかもさえぎる物は河川敷だから何もない。日陰もない。

 

ただ、風が強いのでそこまで暑さは感じませんでしたが、やはり暑さで汗はものすごくかいていたみたいで、喉がカラカラになっていました。

 

エイドではパン、バナナ等見かけましたが、今回は気持ちが悪くて食べる事ができませんでした。

多分スピードにムリがあるんだと思います。

 

はーはー、、だかアーアーだか分からない奇妙な掛け声をたまにかけながら走り続けると、男性がチラッとこちらを見てきました。

 

決して怪しい者ではないんですよ。苦しいから声が出ちゃうんです。

 

そして35kmあたりにある新荒川大橋の坂道を一気にうりゃーーーっと登っていき、沢山のよれている男性を避けながら走っていると、登りきった所に沢山写真を撮ってくださっている知り合いのランナーさんがカメラをこちらに向けて待ち構えていて、

(あらやだ、ちょっとはずかしいじゃない  

(*´・_・`*)ポッ

 

ちょっと控えめになっちゃいました。。。

 

やっぱり女性ですからね。知り合いに男まさりな所見られると恥ずかしいのですよ。

 

この板橋シティマラソンは都内の大会だけに知り合いのランナーさんがけっこうひょっこり応援に来られていました。そして河川敷の細道なので応援の方がとっても近い。

すぐに見つけられるし、一緒に少し走ってくれる方までいました。

ちょっと一緒に走ってくれるパターン。あれ、めちゃくちゃ感動しますね。。

 

都市型の大きいマラソン大会だと難しいですもんね。応援してくれる方との距離が近いっていいな♪って。応援少ないよ~~って聞いていただけにとても新鮮で心温まりました。特に今回ははてなの記事で載せたのと同様、FBにも当日走るウェアを載せていたので、皆さんけっこう気付いてくれたんですよね。

 

38km地点

風が強すぎてタイムはどんどん落ちる。もうここからはキロ5で!キロ5維持する!!

風に押されてもキロ5!絶対落とさない!そう思い重心を下にかがめて走っていきます。

喉がカラカラで。水分がとにかくほしくて。。エイドで絶対お水飲まなきゃ!!って思っていたらそこにエイドが。良かった〜〜(´Д` )   お水を取ろうとした瞬間

 

ドン      

 

きゃーーー!

 

 

邪魔だったんでしょうね。

そしてサブ3.5を狙う集団達。そこは戦場なんだなと気付かされました。

 

後ろから押されゴロンと転倒。

ボランティアの方達が

「やだ!!大丈夫??」とかなんとか騒いでいたんですけど、そこで喋っている余裕なんてないのですぐさま立ち上がりお水を諦めまたダッシュ。

 

足が痛い。

ちらっと見るとCWXのタイツが破れているじゃない!!

あと4kmちょっと。ここでゆっくり走ったら3.5の夢は途絶える!!

悔いのない走りをしなければ!!!

 

足は気にしない!痛くない!

 

呪文をかけました。

 

(後で見たら足の傷は本当にすごい事になってました笑)

 

すいません。また長くなったので続けますごめんなさい。

 

 

このブログはいま何位? → 
             マラソン・ジョギングランキングへ

ランキングに参加しています。