Efforts never get you down...

ランとmusicと色々ぶろぐ

信越五岳トレイルランニングレース 2019 後半戦。最後まで諦めなかった!

ここから後半戦です。

f:id:AAA316jp:20190921175649j:image
f:id:AAA316jp:20190921175645j:image

笹ヶ峰65kに到着しました!

ここは第2関門と110kのペーサー合流地点でもあり大きなエイドでアナウンスもありました。

 


『110kの選手、ゼッケン番号○○○番の到着でーす!  速〜い!』

 


アナウンスがありました。

 


すぐにペーサー様が待ち構えて写真を撮ってくれ、

 


『お疲れ様、フラスクに水入れてるから着替えてきて!』

 


預けたドロップバッグを受け取り急いで衣装チェンジです!

暑かったので汗で全部濡れてびっしょりだし靴も泥だらけ。

おんたけの時は更衣室がなかったのでシューズとキャップしか交換できなかったけどさすが信越五岳!女性用の更衣室がありました。

 


すぐ着替えて大好きなセブンのレーズンバターサンドを手に握りしめ外に出る。カレーがエイドであったけど、胃にもたれたらどーしようという恐怖でパス!

 

f:id:AAA316jp:20190921175921j:image

 

ペーサー様が羊を担いできてくれてるかな?と思ったけど代わりにベルアメールのチョコとプリン🍮、マカロンを出してきた!

 


普段ならゆっくり食べるようなスイーツを一気にパクパク食べて、保冷の水筒に入ったコーラを飲んで出発!

 

 

 

そしてペーサー様と走り初める。

 


『今日はどーゆー感じでいく?楽しく走る??ガンガン攻めて前を追う?

1位は今のところ40分前を通過、あとはまだ近くにゴロゴロいるよ』

 


ゆっくり楽しく?ここまでガンガン来てペーサーに会った瞬間ゆるゆるジョグするわけない。

 


でもいきなり順位のこと言われてなんだかよく理解できていなかった。スタート時に見た感覚的に、信越五岳だもん。ものすごい強者がでてきているんだろーなーという思いが強かったから。

 


『え???それで、、私は何位なの?』

 


『今8位!その前はみんな団子だ。』

 


えーーー!この時点で8位???信越で8位!!??

かなり驚いた(๑°⌓︎°๑)

 


『前を追う!!!』

 


ここからは暫くなだらかな道が進むから早めのペースで行こう!

 


横に付いてそう言う。

ペーサー様、前に出て様子を見ながら走り出したけど、下りで妙に接近してしまって、

 


『下りはもっとスピード上げて!』

 


叫んだらスイッチが入ったかのようにガンガンスピードを上げ始めた。

 


さすがに速い!(ハセツネサブ10ですからね。)

遠い遠い所に行って見えなくなってしまう笑

 


前に着くと後ろの動きがわかりにくいですからね。仕方ないです。

 


そんな感じでペーサー様と一定の距離を開けながら走りまくる!マイルの方達からはナイスラン!ナイスペース!みたいな感じで言ってもらえるのですが、何ももう喋れない。

 


階段到着!聞いていたので、あ、これね。って感じ。まあ、辛いけど階段練ほどの段でもないし、ゆっくりだけどなんとか登る。

 


そしてウォーターエイドの西登山道入口75kに到着!

 


『何か欲しいものある?冷たいコーラ飲む?チョコ食べる?マカロン食べる?』

ペーサー様がかなり気を使ってくれる。

氷が入った冷え冷えの気の抜けたコーラ!美味しい!!

ここのエイドには知り合いの方がボランティアをやっていて、少しお話しし元気をいただきました!

 

ボラ『もー2、3番抜かしちゃってよ』

 


Lisa『頑張って走ってるんだけど、いないんだよーーー(´-`)』

 


ボラ『5分前くらいに前の人出たよ!イケるイケる!』

ハイタッチをし、前へ進みました。

 


西登山道入口75k  →大橋林道83k

5分前か。こんなに走ってまだ5分前かーー。

ペーサー様『ここから少し登るよ!まあここは踏ん張りどころ!次のエイドからはしっかり走ろう』

f:id:AAA316jp:20190921180206j:image


ただ闇雲に前半は走っていたけど、的確な情報とアドバイスを貰える。ペーサーってこんな所も良い(事前から勉強しておけと言う説)

坂道を走る→歩くを繰り返す。

 


後ろの気配でペーサー様も走ったり歩いたり。

 


後ろでひそかに

足が♪♪(2拍)前に♪♪(2拍)出ちゃうよ🎶

熱唱しながら走ります。

 


『自分が信越出た時はここ、全歩きだよ!すごいな』

 


ペーサー様の歩きと私の歩きでは速度違いますからね。この走る→歩くで、ペーサー様の全歩きと同じ速度だったんではなかろうか。。。

 


大橋林道83kへ到着です。

ここら辺で謎のひと山越え3k分があったんではないかと思います。

時間  17:50分  だいぶ夕方になってきました。トータルでは11時間50分走ってます。

 


寿司のネタなしの米みたいなものをパクパク食べました。

ペーサー様は自分で買ってきたおにぎりを食べていました。

後で聞いたら選手の分が足りなくなったら申し訳ないからエイドは食べなかった。って。

 


ペーサー出場者でこれだけ選手全員の事考えてるペーサーっているでしょうか!

ペーサー・オブ・ザ・シンエツ!

間違いないでしょう。

 

 

 

ここのエイドで頭と腰にライトを付けて夜間走に備えます!

 


大橋林道83k→戸隠スキー場95k

すぐに暗くなりライトの出番です。

草原のような所を走ります。暗い草原に牛がいる中、淡々と走ります。

 

ペーサー様が口笛を何度も吹く。

 

クマ鈴鳴らしていないから獣対策してくれていました。

ペーサー付けないでこの速度では1人ぼっちのパートが多すぎる。絶対クマ鈴必須ですね。

 


『ここからは少し登りもあるけど走れるところ沢山あるから!』

ほんとに的確な情報!

 


『ここから走るよ!!』

暗闇の山の中を走る走る、

 


楽しい!!走れるパートはまだまだ走れた。

 


途中女性のランナーを見つけるも、すべてゼッケンが白色。110kの緑のゼッケンの女性は全く見当たらない。。

こんなに走ってもまだ1人も見つからない!!

途中でトイレにも寄ってしまい、しばらく走り倒して戸隠スキー場のエイドへ。

 


前に緑のゼッケン発見!!

 


もう戸隠スキー場エイドで長居はできません。

 


知り合いの方がボランティアをやっていて、

『えーーLisaさん速い〜!!蕎麦食べてく??』

 


『あーー、先を急ぎます〜』

蕎麦スルー

 


そのまま進みます。

 


ここで7位!

戸隠スキー場エイド95k→飯綱山登山口エイド105k

『ここから瑪瑙山て1番でかいラスボス行くよ。ここは焦らないでいこう!最後の林道で勝負しよう』

 

f:id:AAA316jp:20190921180837j:image
ラスボスはかなり辛かった。。ここで一気に体力が限界を迎えてきた。

ザックを締めすぎたのか上半身の肋骨のところ全体が青あざになってるんじゃないかってくらいに走ると振動で痛い。

登りは後半砂で足を取られてなかなか前に進まない。

 


『あーーー辛い!上がらない!何でみんなサクサク行けるの!!』

 

 

 

ついに文句をたれると、

『みんな辛いんだよ。でも急登じゃないところは強いし、そこで速く走れるのすごいって逆に思われてるから、ここは仕方ない』

後ろから来るランナーに道を開けてあげながら前に進むとやっと瑪瑙山到着!

1748m


ここからは下りです。

 

道が細くて草が茂っていて下が見えなく、暗闇を走るには少し怖かった。身体も少しの振動でものすごく痛い。動悸がひどい。

 

何度も立ち止まり命の炎熱サプリを2個ずつ食べながら走ります。

 


飯綱山登山口ラストエイド105k

ラストエイドに到着です。

もうここからは林道のみ。お水も補給せずそのまま進みます。

コンソメスープを知り合いのボランティアの方にオススメされたけど、暑くて飲めません。

 


最後の林道8kを走りきる力は1人だったら絶対無理でした。

 


走れ!ゆっくりでもいいから走れ!

 


林道は決して下り坂ではなく若干登っていたし、8キロは最後の最後でかなり長かった、、、でも、ペーサー様に走れと言われたら、いくらでも走りますくらい思えてきた。

 


走りまくるとここに来てまた1人緑ゼッケン女子発見。

 

これで6位!入賞レベル!(信越の入賞は10位まででした)

 


残り5k。もー、歩くことはできない。後ろから7位が追ってくる。

最後の後半は下りの林道になったのでそのまま走り抜ける。

 

やっとゴールの光が見えてきた!!

 

 

光に向かって走り、ゴールテープを切りました。。

 


17時間20分  女子6

 


特におめでとうとかそんなんはなく、ゴール後はクリームパンとかポテトチップスがおいてあったので食べ、豚汁をもらって暖まりました。

f:id:AAA316jp:20190921210935j:image

 


更衣室で着替えて今度は妙高のホテルまで連れて行ってくれるバスに乗り込みます。

ホテルに到着したのは深夜12時くらい?

イムリゾート妙高ホテルはデザイナーズホテルみたいな感じで温泉もオシャレだしとても良いホテルでした!

f:id:AAA316jp:20190921181307j:image


温泉に入った後寝ようかと思ったけど動悸が止まらなく身体の倦怠感がすごい。苦しくてたまらなかった。そして夜中は度々トイレに閉じこもりました笑

 


でも3〜4時間は眠れたのかな。朝はしっかりご飯を食べ、表彰式へ。

 


マイルの方は表彰式の後バックルを貰えるからちゃんと会場にいないといけないシステム笑。

カレー、サンドイッチ、オレンジ、スポンジのようなケーキを食べながらの表彰式。

f:id:AAA316jp:20190921211039j:image

妙高カレー!美味しかった!

そして表彰してもらっちゃいました。

 

壇上の近くにネムネムさんがいましたので、写真を撮れ撮れという合図をして何枚か撮ってもらう笑

 

ネムネムさんありがとうございます!

 

 

 

来年は入賞者はエントリー優先枠があるそうです!こんな人気の大会でクリックナシなんだもん。

でるしかないでしょう笑。

 


来年は1人でトライしてみるか!

ペーサー希望の方いましたらドシドシ受付ます笑

 


以降補給食

ほほジェルはマグオン(7個くらい)

炎熱サプリ一袋

おにぎり1個  (100k地点で我慢できなくなったお腹空いて)

 


ドロップバッグ

着替え一式

キャップ、

シューズinov8 トレイルタロン

ジェル、

セブンのレーズンサンド

グミ

 

 

 

あとはエイドの食べ物、美味しそうなカレー、蕎麦等は急いでて食べられず、次回も食べられなさそう...

 


ペーサーがついて良かったこと

どんなコースか教えてもらいながら走れる安心感。

励ましてもらえる。

夜さみしくない。

エイドで色々提供してもらえる。

 


女子上位はほぼペーサー付きだったらしいです。

 

ペーサー様の言葉

L isaさんは自分の走力の、登りが30%下りは60%...

走り方に特徴がある。登りは一気に遅くなるけど平坦とか下りは後半戦もかなりスピードがあるから、来年ペーサーをつけるならそれなりに走れる人じゃないと無理かと思う。

 

登り30%...低すぎる、、、

せめて40%くらいにはなりたい笑。

もっと登りを強くなるように努力します!